ブログ更新情報

ホームブログ更新情報 > Q.慶應義塾大学法学部の面接、どうしたらいいですか?

Q.慶應義塾大学法学部の面接、どうしたらいいですか?

 

今回は私の生徒ではなく、知人の娘さんから質問。

 

まずは1次通過、良かったですね。

 

いよいよ今度の日曜日は2次面接です

 

あなたは慶應義塾大学法学部から、新入生の候補者として認められたわけです。

 

出願書類では、欠点を述べることなく、自分の強みを思考錯誤して書きましたね。

 

しかし、面接では発想を変えなければなりません。

 

 

 

 

 

予想以上に厳しい質問がくると覚悟してください。

 

書類に書いた過去の実績も、将来の夢も、

 

すべて疑われることを前提とした対話を心がけてください。

 

 

 

 

 

どんなに厳しいことを言われても、

 

自分を繕うような、化粧で隠すような、事実をねじまげるような、

 

そんな態度は1ミリを出してはいけません。

 

 

 

 

 

「君はホントは勉強不足だね」

 

と言われても、へこんだり委縮してはいけません。

 

「確かにまだまだ勉強が足りていません」

 

と自信をもって答えればいいのです。

 

 

 

 

最悪なのは、自分が優秀だと勘違いすること。

 

ライバルは一般的な高校生ではなく、自分自身のはずだからです。

 

学ぶことに対して謙虚な態度をもつ人は、将来性を感じさせるものです。

 

たとえどんなに勉強不足であっても、

 

あるいは勉強ができたとしても、

 

将来性がある学生だと認めてもらえるかどうかはAOの最重要テーマです。

 

法律学や政治学に対する思いを改めて確認し、

 

専門家との面接という生涯忘れられないであろうハードで貴重な体験にのぞんでください。

 

大いに期待しましょうじゃありませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年9月17日(土)

鹿島学園通信制学習センター東京池袋サンシャインキャンパス

崎山潤一郎

 

お問い合わせ・資料請求

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ