ブログ更新情報

ホームブログ更新情報 > 服に着せられる人

服に着せられる人

池袋の街に、新入生、新入社員が多く出てきました。

ソメイヨシノ発祥の地、豊島区の桜とよく似合っています。

風物詩的としてはいいのですが、

新人の個々人をみれば、

制服やリクルートスーツなど服ばかりが目立つ、

服に着せられているような感じです。

元々おしゃれな服を楽しんできた人も、

新しい制服やスーツを着こなすには

多少の時間を要するようです。

着こなすには身体が服を使いこなす必要があります。

a man in the coat (コートを着た男性)

a girl in red (赤い服を着た女子)

など、英語では服の中に人がいる、かのような表現をします。

服、という制約の中に人間がすっぽりと入っている様です。

新しい服を着ると気分が変わるのもなるほどと思います。

私たちの身体に最も近い場所にある服、

これを着こなせないのは新入社員である一定の期間だけで、

着こなせるときは、服にあった動作、姿勢、所作を身体が覚えたとき。

不思議なことに、

誰でも着こなせていけるようになるものです。

身体は服に適応させられるともいえます。

それほど、服には強い強制力があるのでしょう。

日の丸を背負う選手は国を代表する責任感が生まれ、

軍服を着れば命をかけて戦う気になり、

スーツを着ればサラリーマン的になってゆくのだとすれば、

服を着ることについて、もっと真剣であっていいかもしれません。

鹿島学園通信制高校東京池袋サンシャイン通り学習センター(→入学相談室・03-6914-2057)
今すぐ資料請求 → http://www.tuushinsei.com/contact/
メール:info@tuushinsei.com

ホームページ:http://www.tuushinsei.com
フェイスブック:https://www.facebook.com/kashimagakuen
ツイッター 崎山潤一郎:http://twitter.com/sakiyamajunichi

通信制高校 週1回授業/大学受験/芸能・スポーツ/就業支援/年間学費20万円程度/
池袋東口・駅前の三菱東京UFJとなりのサンシャイン通り入って直進徒歩3分の左側。
東京都豊島区東池袋1-20-2 池袋ホワイトハウスビル3階総合受付

お問い合わせ・資料請求

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ