ブログ更新情報

ホームブログ更新情報 > あなたが通信制高校に入ることにした1番の理由

あなたが通信制高校に入ることにした1番の理由

 

 

通信制高校が増えたとはいえ、

 

高校生といえば、やはり全日制高校の高校生のイメージがあります。

 

全日制325万人に対して、通信制は19万人。

 

通信制高校生は増えましたが、まだまだ少数派です。

 

 

 

 

 

あなたが通信制高校に来ることになった1番の理由は何でしょうか。

 

不登校だったから、学力が低かったから、全日制でうまくいかなかったから、

 

などというネガティブな理由だけだとしたら、

 

それは問題です。

 

 

 

 

 

現実に、そういった不遇があったとしても、それは理由のごく一部でしかありません。

 

あなたは、自由な時間を活用し、自分をより生かすために通信制高校に入ったのです。

 

全日制高校ではできないような挑戦をしたいと願ったのです。

 

これが通信制高校を選んだメインの理由のはずです。

 

 

 

 

 

全日制高校にありがちな、やらされる勉強、試験での脅かし、

 

妙な校則、個性を禁じる制服、旧態依然とした上下関係・仲間意識、

 

働くことを禁じ、髪の毛や服装を画一化するような、

 

あらゆる不自由から抜け出すために通信制を選んだのではないでしょうか。

 

 

 

 

不自由と闘い、自由を勝ち取り、あなたは今、何かに挑戦しているでしょうか。

 

挑戦していれば、あなたは自分の生き方に誇りをもつべき人です。

 

自由を勝ち取り、通信制に入った価値があります。

 

挑戦の結果がどうであってもです。

 

 

 

 

 

 

自由をもて余し、家でゴロゴロ、外でブラブラして時間を浪費しているなら、

 

通信制に入ったことは失敗です。

 

あなた自身の失敗であると同時に、国の教育政策の失敗でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

通信制高校は全日制の落ちこぼれを預る児童福祉施設ではありません。

 

自由な時間を自分流に生かすことが通信制高校生には不可欠です。

 

未来を夢みて、理想と現実の差を埋めるための、

 

勇気ある挑戦を恐れてばなりません。

 

 

 

 

 

 

旧態依然とした学校教育に疑問をもつことは、間違ったことではありません。

 

確かに、サラリーマンとなって定年まで勤めるといったことは得意でないかもしれませんが、

 

そういう生き方ではない生き方をしている人もたくさんいます。

 

 

 

 

逆に、安定した人生を望むのなら、

 

いい大学へ行き、いい会社に入るに越したことはないでしょう。

 

有名大学を目指し、本気で受験勉強することだって、

 

通信制高校生には可能です。

 

浪人生のように勉強できるはずです。

 

 

 

 

 

あなたは、就職や転職、あるいは結婚のときなどに、

 

他人から「なぜ高校は通信制なの」と尋ねられることがあります。

 

そのときに、不登校だとか、いじめがあったとか、そんな説明をしてはいけません。

 

 

 

 

 

あなたは自由を選択する決意をし、

 

何かに挑戦するために通信制高校を選んだ、

 

このことを決して忘れてはなりません。

 

挑戦した結果、成功すればよし、

 

成功できなかったとしても、また次の挑戦をすればいいのです。

 

古い体質に縛られず、

 

新しい時代を創造する卒業生らの登場を期待したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年7月21日(木)

鹿島学園通信制学習センター東京池袋サンシャインキャンパス

崎山潤一郎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ・資料請求

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ