ブログ更新情報

ホームブログ更新情報 > 人生最大級のネガティブを発動するべき時

人生最大級のネガティブを発動するべき時

 

 

AO入試受験生は、9月から出願、面接、小論文があり、

 

就職志望者はSPI(筆記)や企業面接もあります。

 

 

 

 

 

最終選考が済めば、

 

「あとは結果を待つばかり。」

 

という状態になる時期ですが、要注意。

 

 

 

 

 

 

結果待ちのとき、

 

 

 

「受かっていればいいな」

 

「受かっているかも」

 

「きっと受かってるに違いない」

 

 

 

 

などと、変にポジティブな期待などしてはいけません。

 

選抜に「落ちた」ものとして、すぐに次の準備をする必要があります。

 

期待してしまうと、準備をするパワーが出なくなるのです。

 

受かったときのことを心配する必要はありません。

 

 

 

 

 

最終選考が終わった日は、人生最大級のネガティブを発動するべきとき。

 

「100%落ちた自信がある!」

 

「受かっているはずがない!」

 

という強いネガティブな思考が、次のチャンスへの準備を万全にしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年9月9日(金)

鹿島学園通信制学習センター東京池袋サンシャインキャンパス

崎山潤一郎

 

 

 

 

 

お問い合わせ・資料請求

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ