ブログ更新情報

ホームブログ更新情報 > 高校2年生の後半は実績をつくる計画

高校2年生の後半は実績をつくる計画

 

「高校時代は何をしましたか?」

 

AO入試,推薦入試、就職面接での中心的な質問です。

 

 

 

「特に何もしていない」

 

と感じた高校2年生は、これからの半年が勝負です。

 

高校3年生になると、AO出願が早ければ5月から始まりますので、

 

制約が多く、気持も時間も余裕をもちにくくなります。

 

 

 

 

 

 

小学生がプロ選手になりたいと堂々と言えるのは、

 

未来への時間がたっぷりとある余裕からでしょう。

 

将来の選択に迫られる高校3年生は、

 

あれはダメ、これはムリ、

 

といった制約ばかりになりがち。

 

 

 

 

 

 

高校2年生。

 

17歳の秋冬に、どのような活動をするかは、

 

特に通信制高校生が真剣に考えなければなりません。

 

通信制高校生が高校時代に「特になにもしてない」などという状況は

 

可能性を狭めてしまうことになりかねません。

 

 

 

 

 

 

仕事をしている人なら営業成績の実績、

 

トフル・トイックなど検定試験のスコア、

 

得意分野に関わる資格試験、

 

スポーツ選手ならもちろん試合の実績、

 

芸能活動する人なら芸能ともうひとつの特技、

 

登龍門(※)などで募集されているコンテストへの応募、

 

など、期日のあるものに挑戦し、

 

高校時代最大の実績をつくりたいものです。

 

 

登龍門・・・コンテストやコンペの情報サイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年9月29日(木)

鹿島学園通信制学習センター東京池袋サンシャインキャンパス

崎山潤一郎

 

 

お問い合わせ・資料請求

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ