ブログ更新情報

ホームブログ更新情報 > 大学に進学せず、就職もしない人の進路

大学に進学せず、就職もしない人の進路

 

いずれ、誰もが社会人になるでしょう。

 

通信制高校生の中には社会人と同様の仕事ぶりをする人もいますが、

 

同じ仕事でも、学生としてではなく、社会人として仕事をするとなると、

 

責任感が違うような感じがしてそれ相当の緊張感があるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

高校卒業と同時に社会人になる人。

 

大学を卒業して社会人になる人。

 

新卒で社会人になることは、

 

 

日本では王道のキャリア形成ですから、

 

システムができあがった、わかりやすい道選びとなります。

 

 

 

 

 

しかし、大学にも行かず、就職もしないとなるとどうでしょうか。

 

新卒扱いにならないため、自分で自分の道を拓かなければなりません。

 

 

 

 

 

新人として扱われないということは、

 

ある分野の経験者として判断されることになります。

 

仕事を探すときは就職情報でなく転職情報。

 

就職情報でもいいのですが、

 

新人を採用するなら若いほうがいいというのが企業の論理。

 

新卒でないことが不利になることが多くなります。

 

経験者に求められるのは、その分野のプロの仕事です。

 

 

 

 

 

 

勘違いしてはならないのは、

 

専門学校進学もプロを目指す道となります。

 

大学進学とは根本的に異なります。

 

 

 

 

専門学校は無試験で入学でき、国家資格も簡単なものが多く、

 

学校ブランドもなく、

 

卒業証書だけではプロにはなれず、高く評価されることもありません。

 

 

 

 

 

せいぜい最低時給での見習いか、

 

給料ゼロでの弟子入りができるくらいで、

 

プロとして通用できるようになる人は学年で数えるほどでしょう。

 

アニメ、放送、制作などの分野では仕事も競争も厳しいため、

 

学年でプロになった人がゼロなどということが珍しくありません。

 

高卒フリーターも専門学校進学者も、

 

競争の激しいプロの世界で生き残ることを目指すことになります。

 

 

 

 

 

大学に進学しない、就職もしない、

 

そう決めた人は、専門学校進学者も含め、

 

高校生のうちにプロが書いた本からプロの発想を学び、

 

すすんでプロに話しを聞きに行き、

 

目標となる人を定め、

 

自分の名前ひとつで生きていけるような生き方を目指すことです。

 

クライアントから指名を得られないような素人は永遠に浮かばれないのがプロの世界。

 

自分を甘やかすことなく徹底的に鍛えあげる準備を今からでもすることが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年10月25日(火)

鹿島学園通信制学習センター東京池袋サンシャインキャンパス

崎山潤一郎

 

お問い合わせ・資料請求

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ