ブログ更新情報

ホームブログ更新情報 > 全日制ではない、通信制の高校で大人を目指す

全日制ではない、通信制の高校で大人を目指す

 

今日は都立高校の発表日。

 

試験だから、落ちる人もいる。

 

悔しいことではあります。

 

予定していた高校生活ができないわけですから、

 

どうしていいか、困惑するに違いありません。

 

後期を受ける、私立の追加募集を受けるといった手もありますが、

 

第一志望の都立に落ちた時点で、

 

ひょっとして全日制高校に自分は向いていないのではないか、

 

別な道があるのではないか、

 

そんな発想があってもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

無理にチャレンジ校や定時に入りこんだとしても、

 

充実した高校生活が送れる可能性がどれだけあるのでしょうか。

 

充実した高校生活を送れるような人が、

 

都立高校全日制の受験に落ちるとは思えないのです。

 

中学時代に部活動で日の丸を背負うことに挑戦した人や、

 

私立をスベリドメとして偏差値が高い都立を記念受験したなら別ですが、

 

たいていは、それほど充実した中学生活を送っていないでしょう。

 

 

 

学校で勉強することに向いていないことを自覚する人や、

 

手に職をつけたい人、

 

経済力をつけたい人の中には、

 

高校には進学せずに就職する人もいます。

 

中学を卒業することは、義務教育を修了することですから、

 

社会人になろうとすることは自立した大人の一歩となります。

 

 

 

就職していきなり社会人になることが高いハードルであるなら、

 

通信制高校に入学し、

 

アルバイトをしまくり、

 

世の中に通用する大人を目指すのも手です。

 

高校を卒業しても、大学に行かず、

 

就職もせず、

 

手に職をつけているわけでもなく、

 

プロを目指すわけでもない、

 

未来に希望を見出せずに漠然と思い悩んでいる人はたくさんいるようです。

 

 

 

 

希望の見えない進学を無理にするよりは、

 

通信制高校で通学日数を少なくし、

 

一生懸命に働いてお金を稼ぎ、

 

大学や専門学校の学費を貯め、

 

高校受験では見いだせなかった将来の夢にかけ、

 

自分の運命を切り拓くほうが成功する可能性が高い人はもっといるはずです。

 

 

 

 

毎日学校へ行って勉強することに向かない人は、

 

学校でなく世の中に育ててもらうことで、

 

充実した日々を送れたり、

 

適性を発見したり、

 

未来の希望を見出すほうが可能性が高いのではないか、

 

高校中退者が5パーセント以上もある現状をみれば、

 

そんな人たちが少なからずいるように思います。

 

 

 

 

 

今日の合格発表で残念な結果となり、

 

次の手をうつその前に、1時間だけ、

 

通信制高校に入ってアルバイトをする生活スタイルを想像してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年3月2日(木)

鹿島学園通信制学習センター東京池袋サンシャインキャンパス

崎山潤一郎

 

お問い合わせ・資料請求

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ