ブログ更新情報

通信制高校生の履歴書⑧ 「趣味」と「特技」の違い

 

趣味と特技の違いですが、

 

趣味は、自分が好きなこと。

 

できる、できない、腕前、経験はどうでもいいんです。

 

好きなら趣味です。

 

 

 

しかし、「音楽鑑賞」「映画鑑賞」「ショッピング」「ゲーム」「食べること」は

 

ダメではありませんが、自己紹介としての説明として適切とはいえません。

 

音楽や映画が嫌いだという人はまずいないからです。

 

自分の趣味の説明として、何にも説明していないに等しい。

 

しかも、どれもお金を払って消費するものですから、

 

趣味というよりは消費の話。

 

 

仕事をしたいというアピールをする履歴書で、

 

お客様気分の消費者である自分をアピールするのはマイナスになる可能性さえありえます。

 

 

 

趣味の説明としてわかりやすい例を挙げますと、

 

「山に登るための計画を立てること」

 

「お金をかけずに旅行すること」

 

「服の着まわしを考えたショッピング」

 

「ヘルシー料理を作ること」

 

「読書リストを作ること」

 

「洋楽アーティストの翻訳」

 

とすれば、趣味を通じて人となりが伝わり、

 

どういった生活をしているのかを少しでもイメージしてもらうことができます。

 

 

 

自分のプライベートを公開するわけではありませんが、

 

この程度には自分をオープンにできないといけません。

 

 

 

人見知りだったりしますと、

 

自分のプライベートについて知られることを恐れる気持ちになったりしますが、

 

自分を知ってもらうために自分のプライベートを少しだけオープンにする勇気は必要です。

 

過剰にプライベートを隠そうとしてしまうと、

 

何か人に言えないようなことをしている人ではないかと

 

ネガティブな疑いをもたれるのが普通です。

 

 

 

自分をオープンにする言葉を用意しておいて、説明できるようにしておきましょう。

 

念を押しておきますが、趣味は好きなことであれば得意なことでなくても全くかまいません。

 

好きなら下手でもいいのです。

 

 

 

 

一方、特技は、特別な技術。

 

絵を描く技術、文章を書く技術、料理の技術、何かを作る技術、演奏する技術、編む技術、製作、撮る、

 

など知識と経験を必要とするものです。

 

 

 

 

趣味にしても特技にしても、

 

どういう言葉を使って書くか、

 

あるいは説明するか、

 

うまく表現できないという場合は、

 

経験あるベテランの進路指導の教員に聞いてみることをお勧めします。

 

 

 

池袋サンシャインキャンパス

崎山

2016.05.02
通信制高校生の履歴書⑦ 写真と印と連絡先
2016.05.01
通信制高校生の履歴書⑥ 送る先を見つける
2016.04.30
通信制高校生の履歴書⑤ 求人がある志望理由、ない志望理由
2016.04.29
通信制高校生の履歴書④ 職種と業種を選ぶ
2016.04.28
通信制高校生の履歴書③ 用意するもの
2016.04.27
通信制高校生の履歴書② 書く前のイメージトレーニング
2016.04.26
通信制高校生の履歴書① 選ばれる人になるために
2016.03.13
アイディアを形にしたいと願う人には楽しみな未来
2016.03.12
高校卒業後に警戒しなければならない6つのリスク
3 / 41234

お問い合わせ・資料請求

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ