ブログ更新情報

通信制高校生にしかできないこと2016夏

 

 

 

通信制高校に入ることになったからには、

 

全日制高校生にはできない経験をしたいものです。

 

通信制高校は、全日制高校を落ちこぼれた人の受け皿であってはいけないのです。

 

 

 

 

 

 

 

社会人のようにひたすら働いたり、

 

海外を歩き回って世界観を広げたり、

 

オリンピックやプロスポーツを目指したり、

 

芸能活動をしたり、

 

有名な先生に弟子入りしたり、

 

独自の研究をしたり、

 

芸術創作をしたり、

 

音楽活動をしたり、

 

准看護資格をとって病院で働いたり、

 

通信制の美容学校に入ってサロンで働いたり、

 

声優のスクールで技術を徹底的に高めたり、

 

プロダクション所属モデルになったり、

 

難関大学、法律資格、会計士など試験に挑戦したり、

 

 

 

 

 

自分独自のキャリアプラン(経験と実績の計画づくり)が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

全日制高校生の中には、

 

朝8時半から夕方4時まで学校で過ごし、

 

夜9時まで塾や予備校で受験勉強する人、

 

夜10時までアルバイトして進学資金を貯める人、

 

世間が考えるお気楽な高校生ではない生き方をする人達はたくさんいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

家でゴロゴロ、外でブラブラ、

 

世間の通信制高校生にわりとありがちな生き方は、

 

人をダメにすることになりかねません。

 

そういうことは本来、決して許されることではありません。

 

 

 

 

 

 

 

チャレンジしようとする人たちの中に、

 

楽して過ごそうとする人がいることは、できません。

 

お互いにマイナスになることが多いからです。

 

人は似たような、同じような価値観をもつ同士で親近感をもちます。

 

楽してカネを稼ぐ、スラム街にそういう人たちが集まるのは想像できるでしょう。

 

挑戦して努力する、自分を成長させる、そういう人たちはそういう人同士で集まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

通信制高校生は、チャレンジを怠(おこた)ってはいけません。

 

チャレンジしなければ成功も失敗もありません。

 

通信制高校生が、他者から正当に評価されるためには、

 

たくさんの失敗の経験と、

 

小さな成功経験がどうしても欲しいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年夏が始まります。

 

普通に過ごせば、楽しく遊んだだけの楽な夏になるのが普通です。

 

2か月などあっという間に過ぎていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

全日制高校生には真似のできないことを

 

計画し、覚悟して、チャレンジしたいものです。

 

その計画を友と語りあうことです。

 

言葉にすることで計画はよりはっきりします。

 

全日制高校生には真似のできない、

 

通信制高校生にしかできないようなことにチャレンジしなければ、

 

通信制の高校生でいる意味がないように思いますがいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年7月11日(月)

鹿島学園通信制学習センター東京池袋サンシャインキャンパス

崎山潤一郎

 

 

2016.07.09
通信制高校生のための就活指南⑧ まとめ
2016.07.08
通信制高校生のための就活指南⑦ 2016就活 1人1社ルール知ってますか
2016.07.07
通信制高校生のための就活指南⑥ 給与と福利厚生の正しい見方
2016.07.06
通信制高校生のための就活指南⑤ 会社の規模を知る
2016.07.05
通信制高校生のための就活指南④ 将来性のある会社を探す
2016.07.04
通信制高校生のための就職指南③ 数ある中から選ぶには(会社の文化)
2016.07.03
通信制高校生のための就活指南② そもそも就職とはなにか
2016.07.02
通信制高校生のための就活指南① 働き方を考える
2016.05.11
覚悟しとけ。今年の就職は厳しいだろう。
3 / 19912345...102030...最後 »

お問い合わせ・資料請求

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ