ブログ更新情報

ホームブログ更新情報 > 将来何になるかの選択に悩むことから離れてみる

将来何になるかの選択に悩むことから離れてみる

 

将来は何になるか、といった幼児向けの問いを高校生にすることに違和感を覚えることがあります。

何になるか、を考える必要はあまりないように感じるのです。

理由は以下2つ。

 

1 何かになることはたいていゴールではなく単なる憧れ。

2 何になるか決めても、すぐ時代遅れになるかも。

 

高校生になれば、

小さい子どもの

「大きくなったらケーキ屋さんになる」

といった発想から多少は発達する必要があります。

高校生になっても変わらぬことなくケーキ屋さんになることを狙うなら、

「ケーキ技術は当然ながら、経営、販売、会計、ブランディング、文化研究、食材研究、IT、設計を学ぶのが目標」

といったゴール設定になるはずです。

すべてを一足飛びに学ぶことはできないので、

これらをどのように学ぶか、

なにを自分の強みにするかが課題となります。

こうして自分のゴールに試行錯誤しながら、

「山の手地区の富裕層が納得する和菓子の技術を基本としたティータイムのドルチェを提供するカフェの経営」

といった方向性が定まってくれば、

「〇〇になりたい」の発想から一歩深まったアイディアに発展していきます。

自分が学ぶべき道も明らかになってもきます。

とはいえ、たいていの高校生は、何かになりたい、という発想から抜け出せないもの。

だからこそ、真剣に考え抜いて、

生まれてきたアイディアを大切に育ててゆく必要があります。

アイディアは何度もダメ出しを受けて強くなります。

優れたアイディアを育てるためには、ダメ出しを柔軟に、積極的に受け入れていくことも大切です。

 

 

鹿島学園通信制学習センター池袋サンシャインキャンパス

崎山潤一郎

 

お問い合わせ・資料請求

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ