ブログ更新情報

ホームブログ更新情報 > 高校2年生4月、目標を計画する時

高校2年生4月、目標を計画する時

 

高校1年生は15歳ということもあるし、なんとなく中学の延長。

高校3年生は受験や就職に忙しく、なんとなく社会人っぽい。

高校2年生はその間にあるから、全寮制で部活をやっている人などを除けば、

なんとなく時間にゆとりがあったりします。

通信制高校の生徒なら、働きながら勉強するのが王道ですが、

楽をしようと思えば、1日5時間程度のアルバイトだけで、

あとは家でゴロゴロ、外でブラブラ、

典型的なダメ通信生に成り下がってしまうこともありえます。

そんな堕落した1年間をこれからも過ごしてしまったら、

3年になったとき、未来の選択肢は極端に制限されます。

受験するほどの学力にはとうてい及ばず、

就職する意欲も覚悟ももてない、

後悔しても時すでに遅し。

そうなることは目に見えています。

 

通信制高校生は、就職や転職、結婚のときに、

「あなたはなぜ通信制高校卒なのか」

と尋ねられることになります。

「働きながら勉強して進学学費をつくりました。」

「芸能活動をしていました。」

「プロ選手にチャレンジしていました。」

「高校の勉強がゆるいから自分で大学受験の勉強しました。」

目的と目標をもって高校時代を過ごしたことを堂々と説明できなければなりません。

 

 

目標を見つけられない高校2年生にお奨めの最初の目標は、

英語の勉強と読書。

英語をやっておいて損することはありません。

英検やTOEICに挑戦するといいでしょう。

これからますます実用的な科目になるはずです。

英語を身につけたら、受験と就職の可能性は広がります。

そして読書。

ムダな勉強をたっぷりとしておくのも高校2年生には有意義。

興味がないことに興味をもち、

知らない世界を知って視野を広げるには読書が一番。

時間があれば書店に寄って話題のテーマについて知ることができるはずです。

英語と読書は全日制・通信制に関わらず高校生なら必須の勉強ですから、

通信制高校生は併せて、「働く」経験を大切にしなければならないことは自明です。

 

 

 

 

鹿島学園通信制学習センター

池袋サンシャインキャンパス

崎山潤一郎

お問い合わせ・資料請求

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ