ブログ更新情報

ホームブログ更新情報 > Life の意味。人生、生命、生活、寿命

Life の意味。人生、生命、生活、寿命

 

300円の牛丼でも、30,000円のフランス料理も、

 

「おいしい」

 

という言葉での表現以外はなかなか見当たりません。

 

言葉は万能ではなく、ときに無力であることを思い知らされます。

 

 

 

しかし、言葉にしなければ伝わらないことが多いものです。

 

 

自分が思ったこと、感じたこと、言いたいことを人に伝えるためには

 

言葉を学ぶことがどれほど大事なことであるか、

 

高校生であれば実感することができるでしょう。

 

 

 

 

昨日の記事、「生まれてから10000日目の記念日」では、Lifeの意味を想像しました。

 

英単語life=人生、と覚えてた人もいますかね。

 

student life は「学生の人生」ではなく「学生生活」。

 

the car life = 車との生活

 

the life of a car engine = 車のエンジンの寿命

 

lifeという単語には「人生」「生活」「命」「生涯」「生き方」「寿命」などの意味がたくさんあります。

 

 

 

1つの英単語でも日本語にするとたくさんの言葉があって、

 

それらの意味をすべて丸暗記などという勉強では気が遠くなります。

 

 

 

lifeの原義は「生命と存在」。

 

英和辞書の最初に書かれている原義を理解すれば、意味がわかることが多いのです。

 

 

 

試験前は片っ端から丸暗記、という勉強方法が通用することもありますが、

 

自分の記憶に残すためには、理解して覚えることが不可欠です。

 

 

 

英単語を覚えるときには、life=生活、人生、命などと

 

3つの日本語を当てはめて暗記するのは問題。

 

辞書をひけば、最初の方に「原義」が書かれていますので、

 

関心をもっておきたいものです。

 

 

原義をもとに、

 

さまざまな意味のある英単語を覚えるには、それぞれの共通するものはないかなと考える。

 

生活、人生、命に共通するものは「生きる時間」。

 

Life=生きる時間、という世界観を理解したいものです。

 

 

 

 

 

逆のケースもあります。

 

日本語の「優しい」に相当する単語は、

 

 

tender 細やかな優しさ

 

gentle 静かで温厚な優しさ

 

considerate 思いやりのある優しさ

 

thoughtful 気が利く優しさ

 

 

 

など英語だといくつかの表現があります。

 

英語は「優しさ」を細かく表現する文化があるようです。

 

英単語を覚えるときに、どれをも「優しい」という暗記で覚えるのは問題がありそうです。

 

一見、めんどうだな、と思ってしまうかもしれませんが、

 

優しさを表す4つの言葉をちゃんと理解することができれば、

 

英語圏の人々の考え方や感覚が少しだけ実感できるに違いありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年5月8日(日)

鹿島学園通信制課程池袋サンシャインキャンパス

崎山潤一郎

 

お問い合わせ・資料請求

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ