ブログ更新情報

ホームブログ更新情報 > 通信制高校生の履歴書⑥ 送る先を見つける

通信制高校生の履歴書⑥ 送る先を見つける

 

通信制高校生のアルバイトは、将来のキャリアになりうるアルバイトが望ましい。

 

 

スーパー、コンビニ、ファストフード、居酒屋、

といった全日制高校生および主婦を対象とするアルバイトよりは、

販売、営業、事務、接客、製造、製作、制作、IT、

などのほうが将来の就職の幅を広げ、キャリアになりうる可能性があります。

 

 

とはいえ、アルバイト経験がなければ、こういった仕事はなかなか敷居が高いもの。

 

まずは初心者が選ぶのは、「知名度があって安心できるアルバイト」だと思います。

 

 

最初はそういった「誰でも安心してできる専門性のない簡単な仕事」でもいいのですが、

 

いずれはそういった世界から卒業していきたいものです。

 

 

高校時代を同じコンビニでバイトするのは、

全日制高校生や大学進学予定の人なら問題ないのですが、

大学に進学する予定のない通信制高校生がやってしまうと何のスキルもないまま高校を出て、

そういったバイトで生計を立てるほかない、仕事を選べない事態になりえます。

「誰でもできる」「安心」といったバイトに長居してはいけないのです。

 

 

 

 

アルバイトをしようと思ったら、Google 検索から始める人が多いでしょう。

 

検索ワード「バイト」「アルバイト」「高校生」「地名(池袋など)」

 

あたりがよく使われる検索ワードだと思います。

 

ちなみに検索ワードに、

 

「ウェブ制作」「アニメ」「IT」「デザイン」「ファッション」など

 

興味のあるワードを入れても意外と出てくるものです。

 

 

 

中にはなんとなく怪しげなアルバイトも含まれていることがあります。

 

映像アシスタント・初心者可などと書いてあっても、

 

仕事内容はアダルト映像の編集作業だったりしかねません。

 

 

 

だからといって安心のバイト、ばかりしていてはキャリアになりません。

 

怪しげな求人を見抜く目をもつことは必要で大事なスキルです。

 

求人とはいえ、「広告」。

 

安易に信用してはいけないのです。

 

 

 

仕事を見る目を養うには、「調べる力」と「疑う目」、そして「ちょっとした冒険心」が必要です。

 

電話をして仕事内容について問い合わせることは有効な情報源となりえます。

 

 

 

どうしても安心の仕事をしたい人は、絶対に大学受験するべきです。

 

多くの人が目指す、いい大学、いい会社、というレールに思い切って乗ってしまいましょう。

 

そして本気で受験勉強をしてください。

 

仕事のできる人を目指すか、いい大学を目指すか、自分のキャリアを考えるいい機会となるはずです。

 

 

 

 

池袋サンシャインキャンパス

崎山潤一郎

お問い合わせ・資料請求

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ