ブログ更新情報

ホームブログ更新情報 > 想像力の練習① 表参道でお店をやるなら

想像力の練習① 表参道でお店をやるなら

 

面接や小論文の準備として、最も必要なことは

 

「自分の意見」。

 

意見がなければ意見は書けません。

 

意見を求められたら、自分の立ち位置を明らかにしながら意見の最も重要な部分を言い、

 

理由を述べ、

 

具体例をあげながら説明し、

 

一方で対立する側のいくつかの意見にも正面から受け止める、

 

そういった説得力を身につけるには、練習あるのみ。

 

正解などない問いばかりですから、

 

よりよい意見となるよう、何度も塗り替えて意見を磨いてください。

 

 

 

 

 

 

【表参道のあの場所でお店をやるなら何をしますか?】

 

 

 

iphoneの発売日に行列ができると必ずテレビ中継される、

 

表参道のSoftbankショップ。

 

ペッパー君も店員さんとしてすっかり定着しました。

 

 

 

 

その表参道店の2階と3階のフロアには、かつてマクドナルドが入っていました。

 

カフェもあるおしゃれなマックで人気がありましたが、

 

閉店し、数か月になります。

 

 

 

 

テナント募集の大きな看板は、まだ次のお店が決まっていないことを意味しています。

 

おそらく家賃は驚くほど高いのでしょう。

 

 

 

 

 

 

さて、この状況を材料に小論文および面接の問題です。

 

あなたが東京都心部、原宿駅からほど近いこの場所で、何かお店をやるとしたら、

 

どのようなお店なら成功できると思いますか。

 

マクドナルドが閉鎖したこと、

 

これだけの一等地に、長いこと次の候補が見つからないこと、

 

この2つの状況を手掛かりに、説得力あるユニークな回答を考えてみてください。

 

盛り込む内容は以下の4つ。

 

 

 

1 何をするか、

 

2 理由はなにか、

 

3 具体的にどのようなお店か、(文字数を稼ぐ部分です)

 

4 うまくいかない理由があるとすれば何か、

 

 

800字程度で練習してみましょう。

 

 

 

 

Skitch 12

 

 

 

2016年5月16日(月)

鹿島学園通信制学習センター池袋サンシャインキャンパス

崎山潤一郎

 

 

 

 

お問い合わせ・資料請求

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ