ブログ更新情報

ホームブログ更新情報 > 想像力の練習⑤ まとめ

想像力の練習⑤ まとめ

 

私たちは、学校教育の中で、

 

答えがある問いに答える勉強ばかりしてきました。

 

 

 

 

 

それはそれで、必要な学びであることは間違いないことです。

 

しかし、それで勉強はおしまい、というわけにはいきません。

 

 

 

 

 

 

学校を卒業して、社会で経済活動をするようになれば、

 

答えのない問いに答える必要が多くなってきます。

 

どうしていいか、わからなくなってしまったとき、

 

過去の例から解決策が見つかるような簡単な問題ならいいのですが、

 

どのような商品やサービスをつくるか、

 

売るためにはどうすればいいか、

 

売れなかったらどうするか、

 

売れすぎて足りなくなったらどうするか、

 

社員の力をどのように活用すれば最大の効果がでるか、

 

こういった問題は、今日の答えが明日には通用しない陳腐なものとなりかねません。

 

どの組織にとっても、誰にとっても共通の、常に新しい問題であり続けます。

 

こういった問題を解決するために必要不可欠なことは、

 

人間の想像力です。

 

 

 

 

 

人間には、想像力という、まだまだ人工知能が及ばない能力があります。

 

試験で点をとるために勉強することは大事なことですが、

 

頭の使い方として、暗記ばかりでなく、想像力をも育てていくことが必要となるでしょう。

 

 

 

 

 

想像力については、良い意味で学校教育に毒されていない、

 

自由な発想を大切にしたいと考えている通信制高校生に、

 

特に期待したいと思ってまとめとします。

 

AO入試、推薦、就職の際に、想像力の練習が有効に働くのはもちろん、

 

想像力豊かな問題解決のできる人を目指して欲しいものです。

 

 

 

 

 

 

(リンクまとめ)

 

想像力の練習① 表参道でお店をやるなら

 

想像力の練習② どんなVR(バーチャルリアリティ)をつくる

 

想像力の練習③ 人類の新しいドリンクを考える

 

想像力の練習④ 人生の最後について初めて考えてみる

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年5月20日(金)

鹿島学園通信制学習センター東京池袋サンシャインキャンパス

崎山潤一郎

 

 

 

お問い合わせ・資料請求

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ