ブログ更新情報

ホームブログ更新情報 > 公募制推薦のしくみ

公募制推薦のしくみ

 

公募制推薦。

 

指定校推薦と異なる点は、推薦基準が低く、より多くの受験生がチャレンジできること。

 

 

 

 

 

高校の校長に推薦してもらう必要はあるのですが、

 

成績表の5段階評価では、3.8以上とか、わりとゆるい。

 

受験の条件が下がるため、倍率が発生するのが一般的です。

 

つまり、落ちることがあります。

 

 

 

 

しかし、一般受験がない点、

 

倍率の高い大学でも公募制ならずいぶんと倍率が下がる点、

 

これが公募制推薦のチャームポイントといえます。

 

 

 

 

大学受験の一般受験は、小学生の低学年から受験勉強を経験している

 

偏差値の高い中高一貫校が圧倒的に有利です。

 

それほど有名でない高校から有名な大学に進学できる人は例外。

 

公募制推薦はそんな少ない可能性を現実にできる機会といえるかもしれません。

 

 

 

 

 

通信制高校で好成績をとることは簡単ですから、

 

公募制推薦の出願資格は得られやすいはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年5月25日(水)

鹿島学園通信制学習センター池袋サンシャインキャンパス

崎山潤一郎

 

 

お問い合わせ・資料請求

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ