ブログ更新情報

ホームブログ更新情報 > 通信制高校生に有利な小論文② 「小論文」ってなに?

通信制高校生に有利な小論文② 「小論文」ってなに?

 

昨日の記事①の続き)

 
「作文」「意見文」「小論文」の違いを考えてみましょう。

 

作文とは「文を作る」なので、主語と述語があれば何でもいいわけです。

 

主に、感想が書かれることが多いです。

 

 

 

(作文)
原宿駅が壊されるそうだ。

 

伝統ある駅舎がなくなるのは淋しい。

 

 

 

 

 

 

 

作文の中でも、意見を述べたものが意見文。

 

意見文は、意見を述べることはもちろんですが、

 

理由や根拠も述べなければ説得力をもちません。

 

 

 

 

(意見文)
原宿駅が壊されるそうだ。

 

原宿駅を残すべきである。(意見)

 

一度壊してしまったら二度と元に戻らないからだ。(理由)

 

 

 

 

 

 

 

 

意見の中でも、2つの異なる意見を対立させて議「論」するのが小論文。

 

自分の意見と理由を述べ、

 

自分の意見が正しいことを証明するために、

 

具体例をあげて説明します。

 

ちなみに小論文の小は、1つの、という意味です。

 

 

 
(小論文)
原宿駅が壊されるそうだ。

 

原宿駅を残すべきである。(意見)

 

一度壊してしまったら二度と元に戻らないからだ。(理由)

 

新宿御苑や上野公園、あるいは目白駅など乗降客数の少ない駅に移設する方法もある。(具体例)

 

しかし莫大な費用がかかるのでJRだけに負担させるのは難しいだろう。(意見対立)

 

費用をかけずに駅舎を保存する方法は見つかるはずだ。(対立して出てきた結論)

 

 

 

 

 

 

 

 

小論文は、問いと答えのワンセット。

 

意見を述べるだけでは小論文にはなりません。

 

2つの対立する意見を戦わせることで小論文となりえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年6月15日(水)

鹿島学園通信制学習センター東京池袋サンシャインキャンパス

崎山潤一郎

 

 

 

 

お問い合わせ・資料請求

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ