ブログ更新情報

ホームブログ更新情報 > 自分を自分で評価することに意味なし

自分を自分で評価することに意味なし

 

 

 

渋谷のスクランブル交差点。

 

あちこちで写真や動画を撮っている外国人を見かけます。

 

人と人がぶつからずに交差するのが面白いんですって。

 

 

 

 

 

 

へえー。

 

 

 

 

 

 

なんでそれが面白いのか、日本人にはわかりません。

 

そんな例は他にも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駅のホームで並ぶこと、

 

電車から降りてくる人を待つこと、

 

お弁当箱にご飯とおかずを詰めて持ち運ぶこと、

 

外国人にはとても珍しく、

 

日本の文化として受け止められているようです。

 

 

 

 

 

 

 

いずれも、日本人にとっては当然のことであり、日常ですから、

 

外国人の感じ方はあまりよくわかりません。

 

私たちは、自分の国のことについて、本当はよくわかっていないのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

自分のことをわかっていないのは、自分。

 

他人のほうが、自分のことをわかっている、

 

ぞーっとする気がしますが、どうやらそういうものらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のことを、自分で評価することができないとしたら、

 

自分のことで思い悩むことは意味のないことかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

自分に対する評価のすべては他人に任せる。

 

自分で自分を評価して調子にのったり落ち込んだりしない、

 

他人の評価に対しては「へえー」とだけ受け止めておく、

 

悩みに押しつぶされないように生きてゆく知恵かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年8月7日(日)

鹿島学園通信制学習センター東京池袋サンシャインキャンパス

崎山潤一郎

 

お問い合わせ・資料請求

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ