ブログ更新情報

ホームブログ更新情報 > Q.どこの専門学校がいいか、まだ決まらないのですが。。

Q.どこの専門学校がいいか、まだ決まらないのですが。。

 

A. 専門学校が決められないあなたへ。

 

そろそろ、願書が締め切られる時期であるにもかかわらず、

 

専門学校について調べたにもかかわらず、

 

どうやって決めたらいいのかわからずに迷うことは自然なことであり、当然といえます。

 

どこも大して変わらないからです。

 

 

 

 

 

 

たいていの専門学校にはゴールがあります。

 

国家資格だったり、就職だったり、プロデビューだったり。

 

実績にそれほど大きな違いはなく、

 

強いて言えば、規模の大きさによって実績の見え方は異なることくらいです。

 

大きな学校ほど華々しい実績をもつ卒業生がいるものです。

 

小さな学校には華々しい実績がなくとも、平均より上の実績を目指すところもあります。

 

 

 

 

 

しかし、学校の規模よりもっと大事なことがあります。

 

それはあなた自身が本気でプロ中のプロを目指しているかどうかです。

 

目指しているならどの学校でも構いません。

 

もしかしたら大きな学校のほうが強力なライバルに出会い、

 

切磋琢磨しやすいかもしれません。

 

 

 

 

 

それほど真剣にプロを考えていないとしたら、

 

どこの学校に進学しても、結局は希望とは違う世界に就職する可能性が高い。

 

専門学校を卒業した後の仕事の世界は、プロ中のプロしか生き残れないからです。

 

 

 

 

 

特に、ただ学生をしていたいだけで、学生証を買うようなつもりで進学すると、

 

小さな壁で挫折し、学校を中退し、

 

あるいは卒業はできても、国家試験には通っても、

 

その競争の厳しい世界でやってゆく自信など全くもてず、

 

専門学校で学んだこととは何ら関係のない営業職に目が行きやすくなること必至です。

 

 

 

専門学校は学費さえ払えば誰でも入れ、誰でも卒業できる甘さがある一方、

 

生き残れる卒業生は2年後で半分、5年後で2割、10年後で1割以下、

 

くらいが現実的なところ。

 

 

 

 

プロ中のプロを目指す、

 

一流になる、

 

そんな決意さえあれば、どんな学校に行っても大きな失敗をすることはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年2月6日(月)

鹿島学園池袋サンシャインキャンパス

崎山潤一郎

 

 

 

お問い合わせ・資料請求

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ