ブログ更新情報

ホームブログ更新情報 > 進学も就職もしないで通信制高校を卒業する場合

進学も就職もしないで通信制高校を卒業する場合

 

高校新卒の就職先は東京都では3000社以上ありました。

 

2月も面接を受け付けている企業もそこそこあります。

 

就職するなら、新卒が有利なのです。

 

 

 

新卒でない場合、

 

高校を卒業して1カ月も過ぎれば、新卒にはなりません。

 

中途採用となります。

 

あるいは転職となります。

 

新卒は、何も知らない、できない新人、という前提で教育が行われるのに対し、

 

中途採用者、あるいは転職者は、キャリアが求められます。

 

「あなたは何ができるんですか」

 

と問われることになります。

 

「特になにもできません。」

 

などと答えれば、じゃああなたより若い人を採用しますと、となるのは必然です。

 

 

 

 

通信制高校生を卒業し、進学も就職もしないなら、

 

自分のキャリアを磨いてゆく必要があります。

 

どんなことを目指し、

 

どんなことができるのか、

 

人に説明できるようにする準備が不可欠。

 

 

 

 

 

 

経済的事情で進学ができない人で、

 

就職のタイミングを逃してしまった人は、

 

アルバイトであろうと派遣であろうと、

 

自分の仕事に責任と誇りをもって働いてゆくことを最優先にしたいものです。

 

そうやって日々仕事をする人を、強く求めている採用側はたくさんいます。

 

あなたになら任せられる、そんなふうに信用される人であることを続けていれば、

 

きっと運命的な出会いがあるに違いありません。

 

また、学費の低い通信制大学や通信制専門学校などで学ぶことができるなら、

 

次の新卒のチャンスに賭けるのも手です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年2月7日(火)

鹿島学園通信制学習センター東京池袋サンシャインキャンパス

崎山潤一郎

 

お問い合わせ・資料請求

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ